水戸西部 逸品
写真 スタミナラーメン
スタミナラーメン 半玉ごとに増やせる餡かけラーメン
スタミナラーメン松五郎
その昔、勝田駅近くにあった初代「寅さんラーメン」に通った高校生が、今、その味を上水戸で継承している。
このコーナーの「ホルモンラーメン」がその初代。松五郎の池田さんは、初代長井さんの一番弟子だ。
「スタミナ」のファンは多く、脈々と続く系譜にも面白さが感じられる。
基本は餡かけラーメンなのだが、キャベツ、人参、ニラ、レバー、かぼちゃに一味唐辛子を加えてとろみをつけたものだ。甘辛の味。ただ、味のバラツキは大きく「一定に保つのが大変」だそうで、キャベツ一つとっても、芯に近いもの、遠いもの、水気の多少などバランスが難しいそうだ。
一掴(つか)みして、どのぐらいの量にするのかを瞬時に判断しながら鍋を振る。
この鍋振りも力仕事で、修行の時には塩を5キロ入れて色がつくまで練習していたとか。
スタミナのもう一つの特徴は、半玉ごとに量をふやせること。基本(冷やし・ホットとも)650円で半玉ごとに50円増量できる。今までの最高は9.5玉。4玉以上食べれば店内にインスタント写真が張り出される。夏は冷やし(スープなし)が中心だが、冬はホットの注文も多い。
カウンター18席。昼時には並んで待つのが常だが「作り立てが美味しいのは世の常です。だから作り置きはしません」。そのため、並んでいるときに注文を聞かれる。
写真 松五郎外観
事業所
スタミナラーメン松五郎
電 話
221−9598
所在地
上水戸3−3−25
交 通
118号を常北に向かってゲームセンターセガを左折
駐車場
5台
定休日
月曜・第3火曜日
スタミナラーメン一覧へ戻る