水戸西部 逸品
写真
どうせなら徹底的に集めてやろう・食事目当てのお客さんのために考案
漫画喫茶ミトミ
 漫画喫茶という名前のわりには、一番混む時間帯はランチと夕食時というから、いまや漫画喫茶という意味合いは少なくなりつつあり、食堂のイメージの方が強い。
 以前は、午後の時間帯にサラリーマンの時間調整で使われたのが大であったが、今では食事目当ての客が大半で、ドリンクのみを注文する客は少数派となっている。
もともと社長が「ゴルゴ13」が好きで、コミックを集めているうちに「どうせなら徹底的に集めてやろう」と思い、はじめたのが漫画喫茶。
 今では2万冊ほどのコミックが所狭しと並べられている。
 しかし、冒頭の通り、客のほとんどは食事目当て。そんな中、考案したのが、納豆料理だ。
 納豆おろしトンカツ900円(写真)をはじめ、納豆スパゲティ700円、オムライス風納豆カレー780円、水戸式納豆元気鍋800円と、水戸で納豆元祖をうたう漫画喫茶だ。
 100円プラスすればドリンクがセット。
 納豆おろしトンカツは、十分な量の納豆が載ったカツをポン酢ダレでいただく。ボリュームもたっぷりで、味噌汁、サラダつき。
 他のお勧めは、日替わり定食(700〜800円前後)。客の7割は、日替わりを頼むとか。
 なっとくチケットを利用すれば、10%割引。
 駐車場20台完備。10:00−20:30。日曜定休。
photo
photo
事業所
漫画喫茶ミトミ
所在地
西原2−2−35
電 話
251−2119
逸品一覧へ