水戸商工会議所・水戸市東部地方の歴史と伝統ガイド「歴史と伝統の東部巡り」
憩い
百樹園中沢池公園
百樹園
photo 光圀公が約百種類の樹木を那珂川沿岸に植えた「百色山」の志を再現すべく、4代木村伝兵衛氏が学者有志の協力を得て、裸子植物3科61種、被子植物61科324種・総数856本を分類収集して昭和8年(1933)に完成した個人所有としては類例のない大樹園で、これを水戸市が取得し一部改修の上、昭和61年(1986)都市公園として開設しました。アベマキ、イスノキ、ケンポナシ、キササゲ、ハリギリ、タラヨウなど貴重な樹木が見られます。
詳細 地図
トップページへ
中沢池公園
photo 「中沢の秋月」(備前堀八景の1つ)
 かつて中沢は吉田村の小字で蓮乗寺へ行く坂道の途中にある中沢池を中心とした田園地帯でした。見晴らしもよく、冴えわたる秋の夜の月を眺めた風雅な人々によって賞揚され詩情あふれる地でした。
 現在は周辺が住宅地になってしまい以前のように眺めることはできませんが、中沢池は公園として整備され市民の憩いの場になっています。
詳細 下市・吉田歴史散歩コース
詳細 地図
トップページへ
 

Copyright(C)2007 水戸商工会議所 All Rights Reserved.